一人でやっていく力

丁寧に仕事を教えていった。
その結果、彼女はわからないことを自分から解決しようとしなくなった。考えなくなった。
僕に依存するようになったのだ。

その状況に気付き、母親が僕にしてきた子育てを思い出した。

子どもが困ったとき、代わりに親が全部やってしまう。それで問題は解決するが、子どものためではなく自分のためである。代わりにやるのが自分の思いどおりになり楽だからだ。でも、子どもは問題を解決する力が育たない。

僕がしていることは、母親と同じだった。

今ある問題を僕が自分の力で解決しているだけで、彼女の問題を解決する力を育てているわけじゃない。

僕がいなくなったあと、彼女が一人でやっている能力を引き継がせなければならない。
[PR]
by postmanda | 2008-04-24 03:37


<< 未熟だからこそ 想定していなかった展開 >>