ドラムに触れられる環境

ドラムを叩くのとドラムパットを叩くのでは違う。

ドラムパットでうまく叩けたと思っても、実際にドラムを叩くと上手く叩けないことが多い。

だから、ドラムを叩くときは基礎的な部分をいまだに上手く叩けずそちらにばかり意識がいってしまうことが多い。
それだと、今日教えてもらったことに十分に意識がいかない。

やっぱり、常にドラムに触れられる環境がでないとと思った。
[PR]
by postmanda | 2008-04-21 02:31


<< もみほぐす 終わり方 >>