プロフェッショナル

緊張感が足りないな。

これまで、家では緩みっぱなしだったからね。

金にならないことだとしても、プロフェッショナルにやらないと、と思うこともある。その必要性を感じる。

プロフェッショナルの極地であるあの人を見習わないと。


後ろに立つと拳銃向ける人。


そう、ゴルゴ13だ。
[PR]
by postmanda | 2008-04-16 03:29


<< 収納の目安 ごろん >>