やり直し

ふ~、そろそろ出るか・・・
湯の温度も下がってきたし、のぼせてきたし、汗もたくさん出たし。

湯から足を出し、扉をあけた瞬間、これは問題じゃないかって思った。

熱くてもう耐えられない!

限界を感じた時に風呂から出るもんじゃないか?

今からまたお湯を足しても、熱くなるには時間がかかる。

とっても効率が悪いのだ。

今が出時。

でも、効率の問題じゃない。

足湯は、

お湯の熱さに限界を感じた時に風呂から出るもんじゃないか。

そう自分が思っている以上は、遂行しなきゃだめだ。

問題を放置していてはいけない。

ということで、今のやり取りを2度ほど繰り返した。

時間のロスを避けたいのなら、お湯の温度に常に敏感になるべし。
お湯が冷めてきたらすぐにでもお湯をつぎたす。

いつもより脱力できたかな・・・。
[PR]
by postmanda | 2008-02-22 01:29


<< 物語の終わり方 元気の源は >>