左足はブレーキとアクセル

ロウな感じ。
それは変わらないなぁ。
コントが進まないことが、焦燥感を募らせていく。

だから、のれないし、何やっても楽しく感じられない。

そんな中で、自主ドラムトレを開始。

鏡をたてて、やるものの、むすっとつまらそうな顔をしている自分がいた。

右手のリズムを正確にするにはどうすればいいのかな・・・
どうしても先走ってしまうんだけど。

たんたんと考えていた。
右手の持ち方を微妙に変えてみる。
多少はましになるが、大きな差はない。
首のふり、腰の動き。どちらもないよりはあった方がはるかにいいけど、今はそこに意識を持っていく気になれない。体全体でのりたいという気になれないからだ。
左足の踏み具合はどうなんだろう?

ん?
左足を踏んでそこでためると、右手もためを作れる。
ってことは、右手が先走らなくなる。

そうか、左足はブレーキ機能があるのか。
そもそも、この足の感触、覚えがあるぞ。

車の運転でアクセル・ブレーキを踏む感触だ。

ということは、ブレーキだけじゃなくて、アクセルとしての役割も左足にはあるってことだ。

左足は、アクセルとブレーキ。首は、リズムの中心とバランスとり。
この2つを意識すれば、右手で自然とリズムよく叩ける?

練習の終了の時間がきたので、その検証はまた明日。

発見をする。練習とはそういうものなのか。
しかし、気分は多少上向いた程度。さてさて。
[PR]
by postmanda | 2008-02-16 00:35


<< 棒銀の力 足りない >>