直木賞への道

駄目だなあと思いながら寝た。
ドラムも歌も将棋もこのブログだって、コントの脚本を書くためにやっている。直木賞の道と結び付いているのだ。

だから、コントの脚本が進まなかったら、その日一日は進まなかったっていうことだ。
昨日はコントの脚本が進まなかった。一日が駄目だということだ。

今日は朝、足湯に携帯を持ち込んだ。
足湯が一番創作のアイデアの出るとき。だから考えが進むように携帯に考えをまとめた。アイデアはそこそこ出た。

なので気持ちがちょっと上がった。
やっぱり、足湯のときが一番良い発想が湧いてくる。

足湯の時間を伸ばしたり、生活の時間を見直した方が良さそうだ。
[PR]
by postmanda | 2008-02-13 10:36


<< リズムのある生活 そして最後はコントの脚本 >>