焦燥

家に帰ると、ちょっと焦り始めた。
川上未映子の小説を買うために、新宿のブックファーストに寄り、ほかにも新宿で用事を済ませた
それで家に到着したのは、夜の7時30分になっていた。
1時間30分の寄り道。

たいした時間じゃないのかもしれないけど、いろいろとやらなければと思っていたので、後悔を少し感じた。


でも、僕はあの言葉を思い出して、平静を少し取り戻した。

僕の辞書に急ぎはない。

あれもこれも満足いくまでしなくたっていい。

僕がすべきことは、これから継続して進めていくこと。その第一日が今日なだけだ。その土台づくりが今日できればいいのだ。

よしっやろう。
[PR]
by postmanda | 2008-02-12 01:35


<< 感情が揺れ動かない 川上未映子 >>