慎重かつ柔軟に。

レイアウトをミスってない?

出てきたゲラに写真を貼り付けていてそう思った。

じっくり見たが、その感覚はなくならなかった。

どうすりゃ・・・・・・。

写真入稿の締め切りまであまり時間は無い。

写真のトリミングはできないから自由がきかないデザイン。

どうすればいい。

写真位置を少しずらしてみた。

う~ん・・・・・・。

まだこっちの方がいいかな。

でも、これも微妙だ。

このままいってしまうか。

直して改悪になってなったらアウトだ。

いや、そうじゃない。

最高のデザインを見つけれいいんだ。

時間がない中でいろんな組み合わせを試してみた。

すると、良い写真のレイアウトが見つかった。

これだ。

実際に写真を置いてみると、いけてるじゃないの。

レイアウト変更をして、その変えたレイアウト写真入稿も済ました。

妥協せず。

ぱっとしないデザインを直すのにためらってしまう感覚がもうありえないんだけどね・・・・・・・。

直して当然。

これからは大胆なレイアウト設定をするときは、写真を実際に置いてデザインの見栄えを目にしてから入稿しよう。

言ってみりゃ今回は、出たとこ勝負だった。

それは未熟者がやること。

心がけるは、慎重かつ柔軟に。
[PR]
by postmanda | 2007-12-18 23:42


<< もどかしさ 将棋修行中 >>