舵取

昨日の取材はあまり盛り上がらなかった。


相手は世界的に有名な人。
どうしようか悩んだけど、これだけは外さずにやろうと決めていたことが一つ。
こちらがどういった人間か伝えてから質問に入ること。

相手は取材なれしてる。こちらという人物を掴ませて、取材の舵取は相手に委ねてしまおうという作戦だ。

実は今回の取材、撮影込みで10分しかもらえなかった。
すごくタイトなスケジュール。
だからはじめに自分を伝えるべきか悩んだ。

でも、これが今回のテーマ。これだけは外しちゃいけない。

だからトライ。

取材はこちらが想定していた方向にはいかなかった。

自分なんかでいいのかなー。
という率直な思いを伝える取材相手。
世界的に活躍してるけど、とても謙虚な人だった。

でも、PR的な発言をしてもらうのがこちらの狙い。
その思惑からは外れていた。

事前に興味があることにはたくさん話すけど、それ以外のことは簡単に済ませる人だという話を聞いていた。

興味ある話題をふってから、こちらが聞きたい方向にもっていくべきだったか。
でも、それだとこちらが舵を取ってしまうことになりかねないし。

自分という人間を伝えてから質問に入る。
次もその次も試してみよう。
何度もやっていくことで舵の取らせ方もよくなっていくかもしれない。
[PR]
by postmanda | 2007-12-10 11:17


<< 相手にされなかったこと 逆転の発想 >>