欠けていたもの

出社すると、電話で連絡すべき件がそこそこにあった。

相手にかける前に
どうすればこちらの意図が相手に伝わるのか。
と悩む。
止まる。

そもそもオレは何を伝えたいのか。
なのだ。
ようやくそこで自分自身、したいことを整理できてないことに気付く。

何でそうなってしまう?

オレの好きな言葉がそこで思い浮かぶ。

そういうことなのか。
それは、電話も上手くかけられないほど、オレに欠けていたものなのか。

“覚悟”

オレには覚悟が致命的に欠けている。

覚悟を持てばもう迷わない。

迷いを消すことは覚悟を決めること。

と言い切ります、これから覚悟を持つために。



ここから先は余談。

明日撮影を担当するカメラマンに電話した。
よろしくお願いしますのご挨拶。

でも、電話かける前に思った。
ぬおっ、
これは挨拶が目的では収まり切らないぞ。
事前にどんなカメラマンが掴んでおくための情報収集にもなるじゃないか。

だとしたら電話をかけるのも少し面白くなる。
電話かけた途端に、緊張しちゃって、そんな心意気吹っ飛んじゃたけど。
[PR]
by postmanda | 2007-12-08 16:32


<< 逆転の発想 交渉人再び >>