理解すること

迷っている自分を感じるようになった。

前は自分が迷っていることにさえ気付かずやりたいこともはっきりしないまま動
いていた。

今はその迷いがある感覚がとても気持ち悪い。

いってしまうと
迷いはやばい。生きていく気力さえ奪いかねない。
この週末、オレは久々に長い時間寝た。それは迷いのせいで起きる気力を奪われた
からだ。

オレはとても迷っている。だから先生に相談した。
「先生、あの人への取材、オレはどうしたらいいんでしょう?」

すると先生は
「質問をする前に自分のことを掴ませたらいい」
と答えた。そさらに、

「相手はインタビュー慣れしているんだ。相手に自分のタイプ、趣旨を理解しても
らった上で話せばいい」
と続けた。



オレのことを分かってよ。これまでそんな意識ばかり強く持って生きてきたから
、逆に自分を出さずに相手のことを理解しようと心がけていた。特に取材のとき
は。

でも「理解あしよう、理解する」ことが大事なのだと先生は言うのだ。

それは、今回の取材相手だけじゃなくて、すべての取材相手に留まらず、人と関
わるとき全てに言えること。

先生はこう言った。

俺が誰に対してもやることは理解すること、ただそれだけだ。

人間は常にその状況を理解しないといけない。
状況を見て初めて、次に移れる。

自分を理解して、相手を理解する。

朝起きたら自分の状況を理解する。会社へ行ったら会社の状況を理解する。
夜寝る前に自分の状況を理解する。

何事も理解すること。

理解しよう、理解されよう。

自分のすべてをさらけ出した上で闘うこと。闘いがあるから、お互いがわかりあえる。

理解。

迷ってばかりいるオレがいる。そんなときには、

何事も理解すること。
理解しよう、理解されよう。

これを常に心がけよう。
そうすれば、迷いは消えてなくなるはずだ。
[PR]
by postmanda | 2007-12-03 02:35


<< 継続は力なりだと信じたい ぶらんでー >>