何度目かの行き詰まり

他の人からの指摘で、プロジェクトを進める上で窓口となっている人からのかぜあたりが強いことに気付いた。
今までプロジェクトを進めていくことに必死で気付かなかったけど、たしかに始めの頃とオレにたいする態度が違う。
対応に文句や嫌みがところどころで込められてる。

先方の要求を、それは出来ないとオレが断った。

そこからだ。
窓口の人間の態度が冷たくなったのは。

ただ、それは分岐点であって、これまで不満が積もり積もって今の状況を作り上げたんじゃないか。

相手方にしてもらいたいこと。
伝える上でオレ自身がどこまで分かっていたのか。
相手方の質問にきちんと応えられていたのか。

無茶なスケジュールで相手方に依頼をしていないか。
振り返れば、どれも出来ていない。

うー
ん・・・




直さないと。
[PR]
by postmanda | 2007-10-13 14:40


<< 余裕がないときこそ、打ち込まないと 気が付くと >>