エネルギッシュなとき

2週間前に届いた1通のメール。
コウキでもポストマンにでもない。
HEIZO宛てだった。
ネット上でのもう1つの顔。
趣味でやっている創作HPの管理人であるオレ宛てのメールだ。
今度HPを開くのでよろしくお願いします、といった内容だった。
営業的な挨拶メールですね。
そう思って添付されていた画像もすぐには開かなかった。
その画像を目にしたのは、2日が経ってから。
不意打ちにも自分好みのイラストだった。

久々にきた!

絵を見ていくうちに、頭の中で話のストーリーが膨らんでいく。

久々に外から創作の刺激を得た。

この人のイラストをもとに小説を書いてみたい。

そんな時間はないのにオレは、その旨をメールをくれた彼に伝えた。

彼は大喜びだった。

オレも久々に乗ってきた。

それからというもの、少しずつストーリーを膨らませるように頭の中で思い描き続けた。

今週に入り、アイデアの閃きにエンジンがかかってきた。
これはどう?
あれはどう?
こうしたら?

仕事中も突然浮かんでくる。
仕事どころじゃない。

仕事をしないといけないのに・・・・

その創作に意識をとられて、今日は仕事の方で緊張感がまったくなかった。
ただ仕事をしていただけだ。
今週の仕事に対するテーマもどこへやら。
昨日から噴き始めた良い流れが吹き飛んでしまった。

でも、創作は続けていこう。
ここで止めてしまったらオレはくたびれたサラリーマンでしかない。
唯一エネルギッシュなときは、創作しているときだけだ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-03 03:01


<< 深い呼吸再び 進んだ >>