生きてる証

「失敗をしたのなら謝ればいい。それで次から気をつければいいんだ」

先生はオレにそういうのだった。なぜなら、オレたちKIDZTVメンバーのほとんどがそれが出来ていないからだ。
失敗したことを指摘されて黙ったり、「そうですよね」と返したりそういった癖がオレたちにはついている。

両方とも謝っていないから。やり直すとも言ってないから。

謝ってやり直せばいい。それだけのことじゃないか。でも、それってすごく難しいことだとも思った。オレにとっては。

謝る前に1つの段階があるからだ。
相手の言い分を受け止めた上で、謝るべきか判断する必要がある。
相手が言ったことにたいして、自分のどこが良くてどこが悪かったのか認識しなくちゃいけない。それをせずして謝っても相手の言い分を聞いてないのも同じだ。

相手の言ってることを吸収して良いところは自分の体内に取り入れて、違うと思ったものは排出すればいい
それをせずして、ありがとうとか、ごめんなさいとか、形式ばった言葉を出すことに囚われててもダメなのだ。

オレたちに欠けているのは、素直な感情を表に出すこと。
料理を食べて美味しいという言葉を出すことばかり意識しててもダメだ。
素直に感じたことを口に出せば良い。

好きな人から告白されたら、素直に嬉しいっていえばいいんだ。
これは言わなきゃあれを言わなきゃ失礼だの前に、感じたことを素直に出す。

それが生きてる証だ。
[PR]
by postmanda | 2007-10-01 01:19


<< ごめんなさい 非を認める姿勢 >>