これからの指針

言われた仕事を期日以内に間に合わせればいい。
そんな姿勢で日々仕事をしていた。
どうすれば良いものが出来上がるのかといった意識がなかった。
考えようともしていない。悩もうともしていない。
どうやって悩んで考えるのかやり方もよくわからないから。
だからといって、質を追い求めていないことを、上手く進めていないことをそのまま放置していちゃだめなんだ。
問題を無視している。クオリティを求めることから目をそらしている。
その意識じゃだめだ。
長い時間働いていたから内容がだめでも許されるものじゃない。
問われるのは結果だ。
より良いものを求めるのなら、徹夜が何日か続いたからといって泣き言はいわないはずだ。
ちょっと徹夜が続いたから泣き言をいうこのキャパシティの低さに危機感をもたなければならない。忙しいからといって相手の気持ちを完全に無視してしまうこの余裕のなさをなんとかしなければならない。
余裕がないです。なんて考えは言い訳として通用しない。
じゃあ余裕を広げろよって話だ。
だから、もっと自分を鍛え上げます。
もっともっとトレーニングしていきます。
[PR]
by postmanda | 2007-09-30 14:09


<< 非を認める姿勢 忘れかけた姿勢 >>