○○(人の名前が入ります)ショック

某プロジェクトも1回目のピークがやってきた。
あれもこれもツメの段階へと入っていく。
すると、次々と準備不足なことが発覚してきた。
仕事の雑さが目に見える形で表れてきたのだ。

おたおたしてばかりだった。
その場しのぎその場しのぎの対応になっていく。

さらに、衝撃的な事態が待っていた。
想定していなかった上の権力からの決定事項。
プロジェクトの大幅な見直しを迫られることになった。
この時期に来ての発覚。
ショックで呆然としてしまった。
泣きそうになった。
この現実を受け入れられなかった。
早く動かなきゃいけないのに、
ひとつの仕事がぜんぜんはかどらなくなった。
何かやることを無意識に拒んでいた。
いつまでもすねていたかった。
それじゃいけないと思ってもその日は仕事にならなかった。

翌日も雑な仕事が目立った。
周りに迷惑もかけた。
これから先やらなければならない仕事がたまっている。
想定しない事態のせいでやらなければならないことも大きく増えた。
どうしてこうなっちまったんだ。

雑だ。
緻密さがない。
細心の注意を払っていない。

丁寧に緻密に細心の注意を払っていればこの最悪の事態は防げたかもしれない。

でも、今は次の対処へと気持ちを切り替えて進まなければならない。

いつまでも脳内悲劇のヒロインモードをとっぱらなければならない。

オレが引っ張っていかなければならない。

オレが考えて決断しなければならない。

オレが動かなければならない。

とにかく動かなければならない。

立ち止まるな!
[PR]
by postmanda | 2007-09-12 02:55


<< 純ですね 昨日の投稿のリライト >>