注文

取材の翌日、取材相手に電話をした。
昨日、取材相手から雑誌に掲載できる写真をもらったのだけれども、記事の趣旨と完全に一致した写真がなかったから、新たに催促することにしたのだ。

今までだったら、こんな大胆な行動に出ることはなかった。
写真をもらってそれで満足してた。
もらう側だからといって、こちらから強く出ようとはしなかった。

でも、それだと記事でその魅力を十分に伝えることができない。
それじゃオレも取材相手もお互い満足できないものになってしまう。
だから、すぐに連絡した。
こちらの思うことを正直に伝えたら、相手も分かってくれた。
写真はなんとかなりそうだ。

同じ轍は二度と踏まないようにしないと。

良い写真を集めたい
写真で泣くのはもう嫌だ。
[PR]
by postmanda | 2007-09-06 02:40


<< 酔文 取材道 >>