予期せぬ仕事

特集記事の仕事をまた任された。

当分、こないと思っていた。
あの仕事をしている人間は、特集を任されないと言われていたから。
まじかよっ!!
って思ってたオレは返事に躊躇した。
いつもなら、はいと即決して特集の仕事を引き受けるものの、間をおいた。
特集、増ページ、増ページと続いている上にあの仕事を継続して進めている。
安らぐ時間がなかった。
ほっと一息をつきたかった。
あの仕事が激忙しくなる前に。

でも、断わらなかった。社員だから断われるはずもないというのが一番の大きな理由なんだと思う。かっこ悪いけど。
でも、引き受けたことを後悔はしていない。
断わったらもっと後悔しそうな気がする。

でも、そのときは心が折れかけた。
もうこれ以上きつくはならないだろうという勝手な思い込みをよくする。そして、勝手な思い込みは壊されて、深い衝撃を受ける。今回もそれに近いかも。

でも、ここ最近、レギュラーページ以外の仕事を続けてやっていて、こう思っていた。レギュラーページの仕事はつまらない。特集はつらいけど、面白くもある。そもそも特集をしないいとクリエイティブなことをしてる実感が全然わかない。
そんなことを昨日思ってた。当分、特集が回ってこないだろうって思って余裕こいてたから。

引き受けた以上は、モチベーションをどうあげていくかだ。

前回と同じやり方でやっても、惰性でこの仕事を楽しめないのだと思う。
これまでの特集でここは、んって思ったところは、他のやりかたを試してみよう。
それが一番の仕事のモチベーションの高め方な気がした。
まずは、前回の特集の反省からだ。
[PR]
by postmanda | 2007-08-28 03:35


<< ・・・ ぶりかえす >>