ドン尻

ドン尻で校了した。

とてもとても遅かった。
自分ひとりが原因で雑誌の校了をかなり遅くさせてしまった。


編責に遅れたことを謝った。
反応は特になかった。

進行さんに遅れたことを謝った。

進行さんは
「変わらねえな」
と言った。

悔しかった。

そのときはそう感じた。

でも、校了して気が安らいでくると、

いろんな感情が交じえてくる。


情けない。

嫌だ。

つらい。


振り返りすぎるとそのうち走れなくなってしまう気がした。

心がぽっきりと折れてしまいそうな・・・

そんなときは苦笑いして、感情をごまかすことをよくしてた。

でも、それはもう嫌だ。

ミスして笑うなんてもう嫌だ。

嫌なことは・・・


力がないこと・・・

口だけもう嫌だ・・・

欲しいのは、能力。

人を魅了する力。
[PR]
by postmanda | 2007-08-23 03:40


<< 悲しい現実 気持ちよくお仕事 >>