オレの夏休み①

ブログを久しく止めていた。遅くまで仕事をしていたり、外泊することが多かったから書かなかった。一度更新を止めてしまうと、それが長く続いてしまいがちだなと思う。ブログを止めれば止まるほど、書くのに力が入ってしまう感覚に襲われた。止めた分、挽回しなきゃという心理状況。自然体のブログを目指しているだけに余計にブログから遠ざかってしまう。でも、いつかブログと向き合うことを再開させなければならない。土日劇団活動が休止となったこの2日間が勝負だ。
さあ振り返るか、この2週間を。

8月7日火曜日。世間から一足早い夏休みを迎える。この日から清瀬でのボイトレ強化合宿が始まった。先週まで合併号進行のつまったスケジュールの中、特集記事も並行して進めていたので、遅くまで編集部に残る日々が続いていた。さらにここのところの週末の劇団活動もいつもより厳しさが増している気がしていた。そんな中、迎えた火曜日は、朝からとても疲れていた。体中からボイトレをやりたいというオーラが出ているわけでなく、でも何もしないのもいやだからボイトレをという受身的行動。そんな気持ちだからかボイトレの方も成果が出てこない。
リズムよりも、低い声で音程を合わせるをテーマに、長渕剛の「空/SORA」を歌う。でも、なかなか音程が合わない。
普通にしゃべるように、音程をつけて歌う。
喉に力をいれずに、腹で歌えるようになるために。
余計な力を抜いて歌えるようになるために。
でも、音程をつけようとすると、「しゃべり」じゃなく、「歌う」に近づいてしまう。
どうすればいいのかわからないまま、ボイトレが続いた。
先生からは「とにかく音程を合わせろ」と指示が出たけれど、それも上手くできない。
また、手ごたえをつかめないボイトレが続く。

再び、先生が顔を見せる。
だが、先生は
「もうアドバイスはしない」
と突き放した。

「自分で音程のずれを修正しろ。お前らは自分で自分を修正することがまったく出来ていない。俺に依存してばかりだ。自分で自分をなんとかしようと思わないやつには俺は教えない。自分で考えて自分で誤りを治せ。自己修正能力を身に付けるんだ」

自己修正能力・・・・
一度間違えたことをみずから直せない人間。それがこのオレ。
以前から仕事場でよく言われてきたことだ。
この事実に向き合わなければならないと感じていたはずだ。
でも、僕は無視し続けてきた。自分の間違いを見つめたくないから。認めたくないから。嫌な部分から目をそらし続けてきたのだ。
その日々からいつか脱却しなければならない。その機会が今なのだろう。

でもだ。
オレはこうも思っていた。
自己修正能力のかけているオレが、よりによって苦手な歌のトレーニングで、その癖を脱却できるのか。
それは樹海の中をさまようようなものではないか。
あきらめに近いもの。
白旗をあげる寸前。
格闘技の試合ならタオルを投げた瞬間か。

そんな消極的な考えを持ったオレはその後も「空/SORA」で音程を合わせることは出来なかった。
練習は平行線をたどり、他の曲を歌うことになった。
代わりの曲は、ちびまる子ちゃんの主題歌『おどるポンポコリン』だった。
[PR]
by postmanda | 2007-08-20 02:05


<< オレの夏休み② 自閉症の生徒(8月7日火) >>