歌の履歴

昨日、ボイトレの練習中、先生から指示が出た。
「声を作ろうとしないで、そのまま歌え。棒読みでいいから」
その指示に従って歌ってみると、気持ちを入れて歌おうとするよりも、上手く歌えた。良い声を出そう、良い声をだそうとこれまで歌っていたのに、棒読みで歌う方が良いとは・・・。

素直に歌う・・・。

それが出来ないから、苦しんでいる。

素直に曲を聞き受け入れることが出来ないから、自分でオリジナルのスパイスを入れようとする。
それは、歌だけじゃなくてすべてにおいてあてはまることだ。
仕事で記事を作るときも、劇団で仕事を任されたときも。
まずは、自分以外の事象をそのまま受け入れることが出来てから。
そんな簡単に思えることが自分には難しい。

素直に受け入れること。すなわち、曲とキーを完全に合わせて歌うこと。
突破口はそこにある
でも、それが自分には出来ない。

それならば、振り返ってみることにしよう。
自分の歌の履歴を。


小学生6年生のとき。クラスで授業時間を使って、カラオケ大会になるものが開かれた。そこで、僕が選択した曲は、デビルマンのOPだ。

あっれは誰だ 誰だ 誰だ
あっれはデビル デビル デビルマ―ン♪

大ウケだった。
笑わすつもりはなかったのに、みんなの心を鷲掴みしてしまった。

この件で、僕、音痴でありながらも、は卒業アルバムの中、クラスからの僕への評価という項目で、

歌が上手い

という評価を手に入れてしまった。


中学生になって、僕はクラスメートとカラオケにいった。
しかし、ほとんど歌謡曲を知らない僕は、歌える曲がほとんどなかった。でも、歌うことって面白いなぁと思った僕は、友達と時折、カラオケに行くようになった。もともと、目立ちたがりやだったから。でも、曲を知っても歌える曲はあまりなかった。カラオケに行くようになって、自分の下手さ加減を自覚するようになる。


大学時代、僕はバンドサークルに入っていた。そこで、カラオケに行ったとき、僕はその下手さに、冷笑されてしまった。
その件以降、僕はカラオケと距離を置き始めてしまった。できるだけ、カラオケを避けるようになり、友人とはビリヤードをやるようになった。

そんな僕が、カラオケにはまってしまったのは、大学を卒業してから。
ネット上で知り合った創作仲間と、僕は年に何度か、オフ会というイベントのもと、遊んだ。主に居酒屋で創作について語り合っていた。何度目かのオフ会のとき、2次会でカラオケボックスに行くことになった。歌うことが目的じゃなくて、個室で絵を描くため。朝までコースを選んだため、時間はたっぷりあった。2時間くらい描いたところでだろうか。お絵かきを止めて、歌う時間になってしまった。
正直、歌が下手な僕は、乗り気じゃなかった。
でも、歌い始めると結構楽しかった。
ガンダム縛りというルールで、ガンダムの曲しか歌っちゃいけないという遊びもやった。これも楽しかった。
カラオケというと、みんな自分の歌だけに意識がいって、他の人たちが歌っているときは、曲目見て、自分の歌を探す。そんな光景をよく目にするけど、アニソン(アニメソング)
という共通の趣味があったため、アニソンを歌っていれば、皆楽しめるわけだ。

僕はこのオフ会以降、積極的にカラオケに行き、アニソンを歌うようになった。また歌いに行くだけじゃなくて、家でも上手く歌える練習をするようになった。
というのも、そのオフ会では、歌が上手な人が多かったからだ。中には、プロのミュージシャンもいた。Gacktとチームを組んでやってるとか、やってないとか。そんな人たちと歌うわけだから、自分も少しでも上手くアニソンを歌いたいという欲求を持ったのだ。
僕は前から自分の声が嫌いだった。
ビデオに映っている自分の声を聞くといつもがっかりしていた。
だから、歌うときは自分の声を作ろう、作ろうとばかりした。
また、この頃、僕はずっと口の右上の個所が腫れていて、痛かった。長時間歌うことが出来ないのだ。
医者に行ったところ、精神的なものじゃないかと言われた。
ずっと痛みはひかず、だから、僕は喉に負担をかけない歌い方をするようになった。
そこで行き着いたのが、ビジュアル系的な歌い方だった。
ビジュアル系のボーカルは、あまり力をいれて歌わない。
だから、長時間歌えることが出来た。
声も作れている気がした。
僕はロックが好きだからこれでよしとした。
日本人は喉のパワーが足りない。だから、ロックを歌うにはあまり向いてない。
そんな中、力が抜けるような歌い方をするビジュアル系って日本人に向いているんじゃないかと思う。

でも、僕の根底にあるのは、ロックだ。特にヘビィメタルが好きだ。だから、理想の気持ちの良い歌い方ってメタル的な歌い方だと思ってた。意識してなくても、自然と歌い方はヘビィメタルになっていたはずだ。力んだ歌い方。感情を込めるには、力を込めることが必要だと思ってた。
でも、その根底にあるへビィメタルが、僕の成長を止めている。
素直に歌うことが出来ないでいる。

一度、リセットしよう。無からまた、自分の歌を構築していこう。
[PR]
by postmanda | 2007-07-16 02:20


<< ボケる パウワッ >>