失速

頭んなかぐるぐるでぇ・・・

頭んなか迷路のようでぇ・・・・・

心どこにある・・・・?

1週間の仕事が終わり、連休の土曜日の朝、僕はそんな状態になっていた。

劇団の稽古に着くと先生が顔を合わせるや、「いつもの失速?」と言ってきた。

昨日、一昨日と更新しなかったブログのことだ。
この2日間、終電で帰ったので、ブログを更新しなかった。
毎日更新する発言をしたのに、1週間持たなかった。

失速か・・・。

してるな・・・。

振り返るとしてる。
それはブログを更新しなかったことだけじゃなくて、すべてにおいて。
日曜日のテンションとえらく違う。
日曜日なんて、「覚悟完了」なんてタイトルをブログにつけて更新してるくらいだ。

ん~・・・・。

この失速はなんだろうか・・
心が・・・・守りモードになっている。


原因は・・・
わかっているのだ。
このことに触れないかぎり、失速しつづけるのだろう。
心はぐるぐると頭ん中ぐるぐるとするのだろう。
さあ、振り返ろう、1週間の分岐点となった出来事を。

火曜日。
その日は雑誌の校了日だった。
その号、担当するページは、通常の半分しかなかったから、
校了日でも楽だった。

夕方に編集長が僕を呼び出した。
何かミスやらかしたかなと、僕は警戒モードに入る。
編集長は雑誌を開くや、説明を始めた。
見慣れないページ。
どうも僕がミスをした話ではないらしい。
年末の企画の依頼だった。
総計80ページを超える企画のメイン担当を僕にという話だった。
断れるわけもないので、了承した。
実のところ、予感はあった。
なぜなら、今から年末にかけて社員で、大きな仕事をもっていないのは僕だけだった。
つまり、他にやれる人がいないのだ。
そんな事情で任された仕事。
それは今までに経験したことのない新しい仕事。
しかも、総計80ページを超えるボリューム。
仕事の期間は4ヶ月にもおよぶ。
とても大変そうだ。どうしてもそこにまず意識がいってしまう。
前任者の去年の仕事日誌なるものがあったので、それを読むとえらく細かくやることがあった。
思っていた以上に大変だと感じた。その事実を徐々に認識し始めてから、僕は体が硬くなっていくのを感じた。

何をやったらいいのか分からない。
何から進めたらいいのか分からない。
地図を持たずに航海に出たようなものか。
いや、違う。
去年の仕事内容など、資料はたくさん残っているのだから、旅を進める地図はあるのだ。
問題は、航海の準備をしようとしない自分にある。

中途半端な準備じゃ沈没してしまう。

しかし、心はどうも逃げ腰だ。

戦闘モードとは程遠い。

ここまでの不安は久しく体験していない。

不安の中でも安定を感じていた最近。

どうなるのだろう・・・

続く。
[PR]
by postmanda | 2007-07-14 12:42


<< 整理 言いたいこともあるさ >>