酔い文

酒を飲みながら文章を書いている。

最近になって始めたのである。
家帰ってもね、
だる~って言って、何もしないわけだ。
そりゃまずいってことで、
酒を飲む。
そうすると、あら不思議。
文章に向き合えちゃうのだ。
とはいっても、脳の周りは多少麻痺して、脳の回転も落ちてしまう。
余計な力みはとれていくけれども、はたして、しらふで書くのとどちらがいいのか。
ねえ、どっちなんでしょう?

あははは。
いや、別に酔ってはないのだ。酔うと文章書くのが、億劫になるからね。そんな程度の酒盛り。
真面目にしめれば、この酒盛りもあがきなのである。
[PR]
by postmanda | 2007-07-04 02:15


<< 信じる 自分のための文章 >>